化粧水は洗顔のあとにつけることが多いですよね。そのあと、美容液や乳液などをつけると思います。化粧水は顔だけではなく、全身に使うことができます。そのために、乾燥が気になる人は身体に使うといいと思います。また化粧水をコットンにしみこませるといいと思います。さけるタイプのコットンを使って、顔をパックすることもできます。これなら、パックを持っていなくてもいつもの化粧水でかんたんにパックをすることができます。できるだけコットンもよいものを使った方がよいでしょう。
それから、化粧水をコットンしみこませて、それで顔や身体をふいていくのもよいでしょう。特に首もとをふくことをおすすめします。きっとすごくよごれがたまっていることに気がつくでしょう。こういった汚れは定期的にとってあげることが必要です。汚れをためておくと、お肌がくすんでみえてしまいます。最近はピーリングタイプの化粧水もあり、この手のものを利用するとよいと思います。ぬってやさしくこすっていると、ぽろぽろと古い角質がとれ、お肌がつるつるになります。ぽろぽろとれるのもなんだか気分がよいですよね。化粧水で古い角質や汚れをとることで、お肌が明るくみえ、また潤う力も変わってきます。化粧水でお手入れすることはとても大切なことなのです。